守護星 / 心

果てしない夜の中で深く唯静かに燃える 緋い水 碧い焔 

Terra

「これは地球の望んでいることなの。人間に例えれば自己治癒能力とでもいうのかしら、浄化作用がはたらいているのよ。すべて一度表面に排出して、膿んで、破れて、乾いて、元に戻る。地球だって宇宙細胞のひとつ。わたしたちは地球という惑星のちっぽけな細胞に過ぎない。終末は最初から決まっていた」