森羅万象

消えてしまった恋たちよ
其れでも愛は失せることはない

桜貝色した爪の一粒となり
海の泡沫となり
わたしの心の鱗片となって
育てていく

ひとつひとつの出来事はすべて運命だ
だから意味の無いものなんて
ひとつもないんだよ

生きるとはそういうことよ

天上天下唯我

唄い 踊り 転がり 眼剥いて
感情の赴くままに

誰かに消費されるなぞ此方人等御免よ
わたしの人生を生きるのはわたし
今生 今宵 一度きり
使い果たして

世界の果て
行き着くなら桃源郷

ksana

わたしの二十歳はお終い
二十一歳になった

生きていながら
いつか必ず死と云うお終いがくるのだ
と 常に頭の中に在る

何故みんな死の匂いを嫌うのだろう
死があるからこそ生は瑞々しく輝ける
終わりがあるから一瞬のその刹那が美しく感じる
腐っていく身体は魂の容れ物でしかない
魂が居場所を移り変える瞬間をこの眼で見てみたい

その点、役者や演者は凄い
何回も己の身体の中に違う魂をすりかえているのだから

演じることをしてみたい
わたし以外の魂を扱ってみたい
まなこ、開けよ
その痛み、御前のものだらう

真の夢

空気は嘘をつかない
いつだって真実誠なり
撮影者と被撮影者の間にある空気
写真機という無機物が間を介してしまうのが口惜しいが
レンズを構えれば空気が変わる
そう云う相手との
時間と空間が好きだ

布団に顔をうずめれば
宇宙がみえる

夢にみたことは現実となりうる