Claustrum

どうかあの理想主義者が笑い転げたまま倒れ安らかに眠りますように


力を入れる部位は 箇所は そこじゃない
力を加えるのなら ほんのすこしでいい


どうかあの修道女が先々へ進みながらもそれらを忘れませんように



両の眼は眩まず  塞がれず  広く明瞭でありますように




回廊を駆け抜けてゆく風花の乙女に

specio

照準器を覗くことでしか見つめられなかった
shadow 自分の影のそれは彼は彼女は
憎み忌み嫌い合うことで分離は成された
(その銃で触れずに撃ち殺したかったのは自分自身の影だった)


「ここには罪と罰しかないじゃないか」
「罪と罰は仲良しなんだ」
「罪のあるところに 罰はある」
「ならば、罪がなければ 罰もない?」
「なぜ永遠に殺し合うことしかできない」




scope


その眼鏡は

            近すぎた



aspect

expect

despect

suspect



spectral

spectacle



spectrum

speculum

解錠

もうあなたの中に在るのだから、あとはそれを呼び起こすだけなのよ
ずっと眠っているそのちからを



もう手を差し伸べる準備はできている、いつだって大丈夫、その守護と寄り添い、すべては整えられている


最後のトリガーは
自らそれを望むことだ
望み、願い、その意志を表明する、相手に伝える、勇気
求めなければ与えられない
選択と合意


魔術や呪文を発動させるためには先ず
「詠唱」が必要なのもそのように
何れを呼ぶのか
何れを使うのか
口に出して唱えること
そのちからを使う意志
そのちからを受け取る
志向その先を唯定める



この世界で体現するのはこの身体をもって動くわたしだ

一了

「魔法が途中で解けるのは、それが自分の力じゃないからよ」


真であれば
魔法が解ける 
魔法をかける 
ない

真であれば
いつも「それ」だから
ずっとここに在るから

まことのみ

「正しさ」とわたしも使うけれどずっとどこか違和感があって
「誠実さ」なのかもしれない と思った

自分にとって
                          の  誠実さ
自分に対して

鰭鱗

浴槽じゃ窮屈だった人魚にとっちゃ  九つなれど    二十六でも

点よりも線で
線よりも円で
円よりも球で
廻る銀河の音

躍動

身体は動くだけ動くままに動き

踊りたい踊りは今の全てで踊れ

吸って、吐く    陰陽のリズムで

宇からそれらを呼び覚まし引き出し

あらゆる気色を鮮やかに纏いながら

流子

人魚の涙

月の雫

私の耳は貝の耳


郷の音は体に響く

   

   

左の方が深い   

余韻



粒子流

流子粒

龍子流



草花の香りと粒の涙が落ちる音だけが響くこの部屋は

象り

心臓   は   心像

  heart    image

心像   は   心臓

XXⅠ . universe

誰かを憎むことは  自分の一部を憎むことだった
何かを蔑むことは  自分の一部を蔑むことだった
何かを許すことは  自分のそれを許すことだった
誰かを愛することは  自分を愛することだ
自分を愛することは  世界を愛することだ
世界を愛することは  自分を愛することだ
この世界で生きている生命あるもの
その全てが今のあなたを映している
花、海、星、人、風、香、言、色、空
どんなに小さな蠢きも
どんなに大きな軌道も
主語は無い
全て  だから

、行きましょう

spinster

オープンソースが好きよ  開かれた根源
いつでもアクセスできる
あなたが望むのなら
あなた         一人じゃないもの
わたし  のことだけじゃないもの
あなた  は   一人じゃないもの
開かれているから廻る    循環
根っこは繋がっているんだもの
大きな目で見て 鳥の観   円環
すべてはここに この内に
生きている

紐があったら解きなさい
繊維は縒って紡いで糸に
だから “運命の糸” ね、モイラ
その糸で 織りなす夢は 何が為

eu rythmos

選ぶことができる
しかし意志をもっているのは自我ではない
と思うことが増えたよ どんどん増えていく

窓から流れ込んでくる外の風は心地好い温度で
いつかの懐かしい匂いがする
どこかの故郷のにおい

“Windswept Adan”

神楽を観ているような

でもどこか学芸会のような

キターラの名残濃い弦楽器

弦を弓で擦るたび震える線

懐かしい  安心する  委ねられる

自然の大きな荘厳さに安心する

この次元のすべての美しいもの

世界を全うする

涙で潤んだ瞼の淵から覗くと

自由に遊ぶ虹色の光の花たち

息を吸って、吐き出すように

鼓動の連なり

そうだったみたいに星々が囁きかけてくる声を視れたこと

空間の中にこの身体で居て

身体が解けると自然と動く

涙と一緒に息声が溢れてしまいそうになる

星の海

紫と朱の交わるとき

綺麗だったな

忘れられない夏至  大切な

市子さん、すべての関わっている人たち

ありがとう

わたしは星図を描こう

祈りを織り

言葉と  星を紡ごう

火の矢

風が吹いているのならそれさえも味方につけて疾く光の箱舟

深窓

向かい風それでもいいと言ってくれ掴み損ねては泣いてばかりだ

言の葉 種芽 草花 果実

気がつけば
ずっと言葉のことを考えている
言葉は自分から切り離せない
離してくれない
話してくれない
好きすぎて大嫌いになることもたまにある
水面に表出した言葉の
その奥にあるもの または 裏側にあるもの
水底までみえる
みえるというより 感じてしまう
言葉は痛い
言わなくてもわかるから
言わなくてもわかってもらえると思っていた
でも そうじゃなかった
だからすこしずつだけど
曲がりながらも 歪みながらも 伝える練習をしている

わたしは
言葉のちからを 可能性を信じている
音としての言葉 文字に書き起こした見える言葉
そこに宿る靈性
言葉は触れられる
どんなに時間がかかってもいい
絶対に届く
一条の弓矢
届いた先で
花は咲くように笑み溢れるだろう

不思議

宇宙のことじゃないことは無いのに
わたしたちは宇宙のことを知らない
自分自身のことをわかっていないの
 と同じように理を解けないのかも
知れない

12 / once upon a dream

わたしにしか見えなくても
この手で触れられなくても
それでも嘘じゃないんだと
どうしてと思っていたこと
この世界で真実にするため
に外に出して表せばいいんだ

神楽

声音高らかに歌え
不死鳥の如き波形
わたしは何度でも
灰からよみがえる

真星 幻 ま ぼ(ろ)し

世界は夢のようで
だってそうだろう
あなたのこの身が
星の夢なのだから

わたしのみる夢は
あのときあの夢が
すべての時と空を
流れを教え示した

色彩

内は外 貫く光は 駆け巡り
すべて混ざると 白になるいえ

解き放て

もし、そのとき その直後は 失敗した!と思っても
そこからいろんなことが学べるし
新しく気づけることが絶対にある
長い時間でみたら失敗なんてないと思う
意味のないものも、無い

何回転んでもいいよ
泥だらけになっていい

知らずしらずのうちに自分に課していた禁止も許可制も資格も
全部解してゆっくり剥がして返すんだ

うれしい、たのしい、おもしろい、かなしい、さみしい、くるしい
どんな感情も、味わえるのは
この身体をもって、この心をもって
地球に生きているからだ
だから全部やってみたい
経験してみたい
存分に味わおう
大いにやります
楽しんで
生きているのだから
いつだって自由で
何でもできる

背骨

今まで作ってきたものすべてが、どれもちゃんと、大切な、わたしの一部じゃないか

周囲と比べて自信を無くしたり、賞を競ったり、評価を期待する必要は無かったんだ

だって、自分の生の証明の為に作っているのだから
ずっと、諦めないでいるのだから
紡ぐ言葉も 欠片も すべて


思い出したよ


そして わたしは  あらゆる創造に強さを感じる

それは 誰かの祈りが  纏い かたちをとったもの


確かな純度と鮮やかさのまま
到るべき場所へ
着くべきところへ届きますように




雨季髪

水の気をたんとふくみくゆらす躰と蛇の子ら

いつも ただ ひとつだけが とても綺麗だったよ
ずっと

卜術

花占い 好きか嫌いか 問うべきね この人か否 心ないもの

生きた星

どんな歩き方でも
どんなにのまれようと
ずっと一緒にいる
ずっと一緒にいた
崖から落ちそうになっても
絶対にその手を離さない
わたしが、
今までのすべての時空の
私の prover であるなら
すべてを抱えていく
すべてをみている
この目でみてみたい
きっと
すべては ただ 在る

人は言う
わたしは信じている

わたしはandroidじゃないから

血が通い

気が流れ

水で満ちている

よく変わりもする


花の香りを呼んで

androgynosの夢をみる

花の戦乙女舞う風

泣きじゃくりながら前に進んでる 向かい風
わたしたちはいつだってそうだったよ
ね ジャンヌ
今は泣き笑い 大切なものだけ抱きしめて
もう戦場じゃない わたしたちがいる世界は
掌は開いて
剣を引き抜く時よ

ouroboros / 蛇紋石

無から有が生まれ、全ての有はまた無へ還る。

無からみたら、様々な人やものが存在し瞬くよりも速く絶えず変化し続ける

この世界の方こそ、遙かなる夢だ。

いつか体が消えていくなら、そして心が消えていくなら、

全てを味わい尽くせ 何度でも。

感じるために生まれてきたのだから。

智慧の鍵

知識を持っていることは鍵を持っていることだ。

鍵はそれを所持しているだけでは本来の役割、真価を発揮しない。

しかし扉を開くためには無くてはならない。

だから必要だ。

持っている鍵を見ただけではどの扉に噛み合うのかはわからない。

扉を前にして初めてわかる。


選択肢や候補、つまり知識や経験を沢山持っておくと、多くの鍵の中から、自分が本当に開けたい扉の鍵穴に噛み合うか答え合わせができる。

あの鐘の音に耳を澄まして

思っていたよりも、もっと好きなようにやっていいみたいだ。
息を潜める必要はない。もうない。
この手で  声で  誰かを救えるかもしれない。
それがわたしの炎。
この身体をもって、生きることを諦めない理由。

天宮儀

星の廻る音を聴いてみたい


指で何度もなぞった点と線


星座の花冠

運命の円環


どんなに時間がかかっても

必ず

秘色 / 波束

心臓剥がして君のと交換しよう

剥がしてもまだどきどきするよ

剥がしたからどきどきするの?

湯船

氷は溶け落ち涙溢れ  運命の輪は廻る
大きな一枚  鱗の月
石像の庭  光の祈り
波際の音に耳を澄まして