智慧の鍵

知識を持っていることは鍵を持っていることだ。

鍵はそれを所持しているだけでは本来の役割、真価を発揮しない。

しかし扉を開くためには無くてはならない。

だから必要だ。

持っている鍵を見ただけではどの扉に噛み合うのかはわからない。

扉を前にして初めてわかる。


選択肢や候補、つまり知識や経験を沢山持っておくと、多くの鍵の中から、自分が本当に開けたい扉の鍵穴に噛み合うか答え合わせができる。