妃のネイル

通り抜けて行くごとに
囁く草木

喧噪

莫迦にするならすればいい
嘲笑うがよい
わたしは貴方のその貧しい魂を憐れにおもう

何を見たって泣きそうになる